白水レディースクリニック

お問合わせ・ご予約用TEL お問合わせ・ご予約用TEL
     

PAINLESS 無痛分娩(和痛分娩)について

無痛分娩(和痛分娩)について
PROVIDE PAINLESS SAFE BIRTH 出産の痛みを和らげ、安全な出産を提供いたします。
当院では、妊婦さんの体の負担や赤ちゃんへの負担を少しでも和らげる方法を模索し、世界の文献と日本麻酔科学会ガイドラインに基づいて、複数の麻酔科専門医と共に独自のプロトコールを作成し、レミフェンタニルを用いたIV-PCAによる無痛分娩(和痛分娩)を行っております。

レミフェンタニル(麻酔系鎮痛薬)

レミフェンタニル(麻酔系鎮痛薬)を使用する理由

当院では九州地方、中国地方で初の取り組みとなる、レミフェンタニルを用いたIV-PCAによる無痛分娩(和痛分娩)を行っています。
こちらのお薬は血管内投与であって、従来の硬膜外無痛分娩(和痛分娩)とは異なり、背中の硬膜外腔に針を刺し、チューブを入れるものではありません。

硬膜外無痛分娩に比べて、赤ちゃんの呼吸不全、器械分娩(吸引分娩・鉗子分娩)の増加、分娩が長くなる、短期間の胎児心拍異常が起こりうる等の報告は現在ありません。


レミフェンタニル(麻酔系鎮痛薬)を使用する理由

【自然分娩と比べたレミフェンタニルIV-PCA分娩】
  • 胎児心拍異常の発生率は変わらない。
  • 吸引分娩の割合は同等。
  • 分娩時間も長くならない。
  • 呼吸サポートを要する確率も変わらない。
  • NICU入院率は変わらない。
参考文献 Cochrane Database Syst Rev. 2017; 4: CD011989
Wilson M,MacArthur C,Gao Smith F (RCT,2016;12:591)
Midwifery 2015;31:613-616
Italian Journal ofPediatrics 2014;40:99-103
BMC Pregnancy Childbirth. 2013; 13: 139
J Anesth 2013;27:43-47
Eur J Anaesthesiol. 2012; 29: 177-185
Anaesthesist. 2011;60:995-1001
Int J Obstet Anesth. 2011; 20: S36
Best Practice & Research Clinical Obstetrics and Gynecology 2010;24:289-302
Anesthesia&Analgesia 2009;109:1925- 1929
Anesth Analg. 2005; 100: 233-238
The Lancet.2001:358:19-23
etc.
参考URL https://doi.org/10.1016/S0140-6736(18)31613-1
Published:The Lancet August 13,2018

ディスポーザブルタイプの細い麻酔科用神経ブロック針を使った無痛分娩(和痛分娩)

ディスポーザブルタイプの細い麻酔科用神経ブロック針を使った無痛分娩(和痛分娩)

当院では麻酔針の使いまわしはせず、独自のディスポーザブルタイプの麻酔科用神経ブロック針を使用しています。
母体の鎮痛効果が期待でき、産道を柔らかくすることによって赤ちゃんが通過しやすくなり、産道裂傷を防ぐ効果もあります。
また、胎児徐脈(赤ちゃんの心拍が下がること)を改善するとともに、お母さんと赤ちゃんにとって負担が少ない優しいお産が望めます。


無痛分娩(和痛分娩)をご希望の方はご来院時にお尋ねください。